どうしてバイクに股がるのか、それはバイクという足がめっぽう興味深い味方だから

降雨が降ったらびしょぬれ、夏は汗ぐっしょり、冬季は寒くてブルブル、アクシデントをすれば大キズ。バイクに乗らない人にとって、なぜこんな足に乗ずるのかと不思議に見えることでしょう。そうですね。乗っている自体からしてもたまになんで独自は乗っているんだろう、寒いし暑いし落とし穴だしなんておもうことがあります。それでもライダーはまたバイクに跨がります。愛車は一生の七つ道具、バイクは後押し。そうなんです。バイクは大切な後押し。ひそひそタイトルを擦り込みちゃったりすることもあったりして。おんなじメニューでも愛車で走るのとバイクで駆けるのとではぜんぜん違う。様子もフィーリングも一際バイクで走るほうが素晴らしくもらいちゃうんです。オイルやガソリンの感じや脈拍のようなエンジン音響も長所なところです。人馬一体といううたい文句がありますが正に自分のバイクと一体になってぶりを切って走るって最高です。季節を直接スキンで見えるんです。季節の変調がわかります。降雨に濡れようが暑かろうが寒かろうがそれはそれで楽しんでしまうのがバイク乗りの心意気だ。これからも未来永劫ライダー、バイクにのぼり続けます。http://www.suscon.co/yoyaku.html

どうしてバイクに股がるのか、それはバイクという足がめっぽう興味深い味方だから